あちらの世界の入り口・出雲大社



神道研究家の道幸武久(どうこうたけひさ)です。

今回、7月28日の講演では、
出雲大社東京分祠の分祠長、千家活彦様を
お迎えして、出雲大社についてお話していきます。

出雲大社は縁結びで有名ですが、
実は幽界、つまりあの世との連絡口。


この世とあの世の境い目を司り、表の伊勢神宮、裏の出雲大社として
神道世界で大きな役割を果たしてきました。

ところが、出雲大社が一般に広く名を知られ始めたのは江戸時代のころ。
それまではさほど知られていなかったそうです。

国土を整地した日本神話最大のヒーロー・大国主命(オオクニヌシ)や、
ヤマタノオロチ伝説で有名な素戔嗚尊(スサノオ)が祀られ、
日本一大きなお社を持っていて、

しかも毎年秋には全国の神々が集まる神社であるにも関わらず、
長いあいだ忘れられていたというのは不思議なことではないでしょうか。

なぜ出雲大社はあの世とのつながりがあるのか。
なぜずっと忘れられていたのか。

そこに神道の本質が隠れているのです。

“異端の出雲”のブランディング


 (c)マサの島根おんぼら だんだんブログ
他の有名な神社と比べ、ずっと日陰の存在だった出雲大社は、
明治時代に大きく飛躍します。

その立役者は第80代出雲国造(出雲大社で代々祭祀を司る家)、
千家尊福(たかとみ)氏。

尊福さんはすごい人です。

伊勢神宮-天照大神-天皇を中心とした国家神道に異議申立をしたり、
出雲大社を弟さんに任せて埼玉、静岡、東京の知事、
そして最後には司法大臣も務めるなど

精力的に外へ出て出雲大社の存在をアピールしてきました。

そして現在の第84代・千家尊祐(たかまさ)氏は
リーダーシップとすぐれた手腕によって政財界とのつながりを築き、
出雲大社を多くの参拝者が集まる神社へと変革されました。

尊福氏をはじめ明治以降の国造様たちが成し遂げた出雲大社のブランディング。
この秘訣もお話していきます。



豊かさと幸せの出雲大社


Copyright © Impress Corporation

そして、
出雲大社は私たち一人一人に豊かさと幸せをもたらします。

大国主命は縁結びはもちろん、農耕や実りの神であり、
福の神でもあり、やさしさとおおらかさを持ち合わせた神
でもあります。

こうしたご利益をいただき、
幸せな毎日を生きるためのポイントもお話ししていきます。


新しい時代に入った出雲大社


 
出雲大社は2013年を中心に『平成の大遷宮』を執り行い、
2014年には千家家の跡取り、千家国麿氏が高円宮憲仁親王の第二女子、
典子女王とご結婚されました。

スピリチュアルな世界でも2013年ごろを境に新しい時代、
つまり『競争から共生』の時代に入ったとされています。

新しい時代に入った出雲大社と私たち。

これからの時代をどう生きるかに
ついても千家活彦様と語っていきたいと考えています。


今回の講演は、出雲大社を軸にして神道ワールド、ブランディング、
スピリチュアル、ライフスタイルといつも以上に内容が多方面へ展開します。

神道の本質を知り、現実社会でこれを活かしていく。
そのヒントをたっぷりお話します。

平日ですが、来れる方はぜひいらしてください。

道幸武久



東京講演 詳細・お申込み

開  催  日 :2016年7月28日(木)

開催時間 : 14:00開始 16:00終了

場      所 :  出雲大社東京分祠
東京都港区六本木7丁目18-5
最寄駅:東京メトロ日比谷線六本木駅 2番出口
    都営地下鉄大江戸線六本木駅 7番出

講演テーマ: あなたの知らない神道と出雲大社
http://www.izumotaisya-tokyobunshi.com/main8.htm

参  加  費: 5,400円

          ※収益金の一部をアニー福祉協会、国境なき医師団に寄付します。

          ※ご入金後の返金はいたしかねますのでご了承の上、お申込みください

​お問い合わせ:インフォプレナーズジャパン株式会社
各種お問い合わせはinfo@infojapan.jp までメールにてご連絡ください





神道研究家・ビジネスプロデューサー 道幸武久

1972年、北海道生まれ。
大学卒業後、一部上場企業など複数の会社でトップセールスマンとなり、29歳のときに独立。その後1年半で年収が9倍となり、処女作『加速成功』(サンマーク出版)がベストセラーに。以後、ビジネスプロデューサーとして多くの企業や個人を成功に導く。

「加速成功実践塾」「トップガン・ヒプノセラピー」などビジネス自己啓発セミナーを開催する一方、神道研究家として「神道入門」講演会、伊勢神宮など神社参拝ツアーも主催。

石田梅岩復活プロジェクト創設者、武田神社崇敬会特別会員、G-コンセプト普及委員会委員長、NPO法人アニーこども福祉協会理事も務める。著書に『メンタルパワー』(現代書林)、『「できない自分」から抜け出す32の方法』(中経出版)など。



メールマガジン配信スタート

【道幸武久の神道入門メール講座】の配信を開始しました!

神道の神とは何か、伊勢神宮と出雲大社の関係など、 知っているようで意外と知られていないテーマを、

10回にわたって私、道幸が楽しくお伝えします!

下のフォームに姓、名、メールアドレスを入力して 『登録する』ボタンをクリックしてください。


は必須項目です。

道幸武久の神道入門メール講座
  (例)日本
名  (例)太郎
メールアドレス  (例)nihon@example.co.jp



道幸武久の神道入門とは

なぜ、今、神道なのか?

神道研究家の私は、ビジネスプロデューサーでもあり、専門は成功哲学です。私は仕事柄、海外の成功哲学の先生と会う機会がありますが、そういった先生に学ぶ人たちの目的は、最終的には「お金を得たい」というところにいきつきます。そして、その願望の裏には「愛」があります。成功哲学は欧米から来ており、この考え方にはキリスト教が強く影響しています。

彼らは「愛」の力でモチベーションを高めています。オバマ大統領も就任時にバイブルに手を置きました。宗教観というのは大切で、その人の倫理や道徳、本当のモチベーションいうのは宗教から来るのです。しかし日本人にとっての「愛」は良くもないけど悪くもない。ピンと来ない方が大多数です。日本人は欧米の成功哲学を真似してきましたが、今ではほころびが出てきているのが現状です。日本人には日本人に合った成功の仕方があるのです。


日本の歴史と神道

日本人は無宗教と言われています。宗教と聞くと新興宗教をイメージし、騙されるのではないか、という警戒心が付いてまわります。実は、日本は建国2700年で世界最古の歴史があります。建国から戦前まで日本は神道の国でした。しかし戦後、つまり70年ほど前から日本は無宗教の国になりました

日本人は神道のことを忘れましたが、生活の中で神道の行事は残りました。例えば、神社に行くこと。初詣や厄除、初宮参りや七五三、結婚式や地鎮祭など。そして、パワースポットブームがこの10年くらい前から来ていて、神社に行く流れが出来ています。日本人の潜在意識の中で、神道を求めていることを感じます。それでは、神道とは何なのでしょうか。


神道と他宗教の大きな違い

神道と他の宗教で大きく異なること、それは他の宗教は教義、教本がある「教え」であり、神道は教義、教本がない「道」だということです。しかも神道には教祖もいません。神道というのは一言で言うと「自然崇拝」。自然を大事にすることと「感謝」すること。そして、中今(なかいま)に生きることです。

キリスト教の愛も素晴らしいですが、それに匹敵するか、それ以上の包括するものを持っています。私は、日本人ならば「宗教は神道です」と答えてほしいのです。そして、5分くらいは神道について話せるようであってほしいのです。自分の宗教を「神道です」と言えることは自信にもつながります。しかし現状は「宗教はなに?」と聞かれても「わかりません」「特にないです」。これだと、深いところからのモチベーションが湧きづらいのです。


神道入門で伝えること

今回の「神道入門」で私から神道の基礎的なことを聞くことにより、5分~10分は神道を語れるようになるでしょう。。これはあくまでも私の神道的アプローチです。私はこの3年間、神道の研究をするなかで宮司の方々や様々な先生と出会い、教えを受けました。そして、私なりに構築した神道の良さをシェアをしていきたいと思います。また神道の本はいま、書店やアマゾンなどで手に入るものとしては200冊くらいあります。

私はこの3年で200冊の本のすべてに目を通しました。私は20代の頃、成功哲学の本を読み漁っていたのですが、このときも700冊を全部買いました。これと同じです。全部買って、全部読む。そして200冊読んだ結論は、よく分からない(笑)。たまに「分かりやすい本を教えてください」という言う人がいますが、「ありません」というのが答えです(笑)。ただ200冊読むことで感じたことは、読書は知識であり、神道は実践だということです。実践とは何か。それは神人合一です。神と人が合わさって一体となる。これを一緒に学んでいきます。


神道入門に参加するメリット


「神道入門」に参加するメリットですが、たぶん直接的なメリットはありません(笑)。ただ神様や神道を理解することで、これが潜在意識に入り、私たちの中にゆるやかな自信が作られます。それは自分のDNAを再確認することだからです。それにより人生の視野が広がり、行動できる自分になることでしょう

私のセミナーは3日間20万円台のものが多いのですが、「神道入門」は1.5〜2時間の講演で5,400円と破格の料金にしました。なぜなら、あくまで神道というのは私が語るものでは無いと思ってます。しかし、誰も語れないからこそ私がお伝えさせていただきます。宮司の方々も普段は人の祈りと神様を繋ぐ仲介役をしているため、話をする機会をつくることは難しいでしょう。そのため、私が話すことでみなさんと理解を深めていきたいのです。大変楽しいセッションになると思います。

東京講演 詳細・お申込み

開  催  日 :2016年7月28日(木)

開催時間 : 14:00開始 16:00終了

場      所 :  出雲大社東京分祠
東京都港区六本木7丁目18-5
最寄駅:東京メトロ日比谷線六本木駅 2番出口
    都営地下鉄大江戸線六本木駅 7番出

講演テーマ: あなたの知らない神道と出雲大社
http://www.izumotaisya-tokyobunshi.com/main8.htm

参  加  費: 5,400円

          ※収益金の一部をアニー福祉協会、国境なき医師団に寄付します。

          ※ご入金後の返金はいたしかねますのでご了承の上、お申込みください

​お問い合わせ:インフォプレナーズジャパン株式会社
各種お問い合わせはinfo@infojapan.jp までメールにてご連絡ください





このページの先頭へ